かわいいだけじゃない。
ロディは、たのしみながら自然とこどもたちの
バランス感覚、体幹をを養うことのできる、乗用玩具です。
1984年2月14日イタリアのオソッポ村にあるレードラプラスティック社という、バランスボールを作る会社でロディは生まれました。
ロディは馬をモチーフにバランスボールの製造技術を用いて作られた乗用玩具です。
子供たちが自然とまたがって活発に遊べるおもちゃ、遊び友達として世界中で愛されています。
可愛いだけでなく遊びながら運動神経やバランス感覚を養うことができ、こどもたちの発達の助けになっています。
その姿、形も乗りやすいようにイタリアで研究されています。

ロディに乗り遊ぶことで、子供が早期の段階から平衡感覚、力の調整、正しい姿勢と筋緊張を改善し身体に有益な経験をさせることができる玩具です。 -Ledraplastic S.p.A-

1990年に市場に紹介された当時は赤色のロディしかいませんでした。
その後、赤色に続き黄色と青色が増えました。それらの三原色は子供の注意をひく主要な色だからです。
今では通常カラーは10色に増え、世界中のこどもたちの手元に届くことを待ち望んでいます。
ロディはバランスボール。
すべて丸いフォルムの集合体で作られています。

1)指か、ティースプーン等で製品の栓を抜きます。
2)ハンドポンプで空気を入れます。
3)製品の穴を指で塞ぎながら、ポンプを抜きます。
4)指をずらすと同時に、素早く栓をさします。
5)Rodyを押しても栓が抜けないか確認してください。

ロディは空気を入れ過ぎると安定性が悪くなりますので、ベストなバランスに入れてください。
胴回り65cm前後がベストバランスになりますので、空気を入れる際調整してください。
※子供用玩具としての日本の安全基準をクリアした正規ロディは、軟化剤という原料を加えておりません。
そのためゴムの硬度が増し、シワが戻りにくくなっておりますので、ご了承ください。